副収入準備編:副収入・稼ぐ方法辞典



白色申告という確定申告

確定申告の手段は、青色申告だけではありません。白色申告というのもあるのですが、知らない人の方が多いかもしれませんね。

こちらは、通常関わる事は滅多にないと思いますから。節税効果は、まったくありませんし、特別控除という物も無いようですから一見すると申告するメリットもほとんど無いように感じられます。

年間300万の在宅副業からの所得があった場合には、こちらでの帳簿作成が義務つけられますが、任意ですから、帳簿も「簡易帳簿」と言う形になりので青色申告の複式よりも簡単です。

ただし、簡易帳簿の場合仮に確定申告に不備があって、税務署で勝手に処理されても文句が言えません。

タグ

2009年4月 1日|

カテゴリー:副収入準備編

20万円と38万円を越えたら確定申告

会社勤めの傍らでの副業、いわゆる週末起業という場合、副業という形での所得が年間20万円を超えた時点で申告が義務つけられます。

20万円未満なら申告の必要は、原則ではありません。ここで是非覚えておくと便利なのが、控除の考え方です。

所得というのは、稼ぎ出した収入から、事業運営のための必要経費を差し引いた分です。

必要経費に含まれるのは、顧客の家や取引のある企業所在地までの行き帰りにかかった車のガソリン代、公共交通費、タクシー代、ネット事業なら接続料金など、月ごとにかかった費用の1年分です。

タグ

2009年3月31日|

カテゴリー:副収入準備編

SOHO人材センター

SOHOや在宅ワークのポータルサイトの一つです。トップページを開いて、まず目に飛び込んでくるのは、左端に出てくる数字です。

登録求職者数5400人に対して提携企業は500件を切りました。先月よりも200件近く減少しています。

10分の1の確率・・・・。外勤の正社員就職ほど深刻でないにしても、厳しい数字ですね・・・。副収入を得たいと思って登録しても、実際に副収入を得られるのは1割弱とは!

SOHO人材センターは、独特のシステムを持っています。上部にあるパスキット会員は、有料会員クラスです。月々最低4万円以上の会員費をを支払うことで、より高度な技術を学ぶ事ができるほか、求人してきた企業向けに最優先でアピールできます。

タグ

2009年1月30日|

カテゴリー:副収入準備編

トラフィックゲイト

ブログを運営していたらぜひ一度はトライしてほしいのはTGアフリエイトでの副収入です。

楽天市場とも提携しているので、通常は他社の宣伝をきらう楽天市場も、さすがにTGアフリエイト経由のバナーはOKのようです。

実際、楽天市場は内外で認める業界一のポイントサイトではあるんですが、できれば現金での副収入もほしいな~。

ショップ開業はちょっと垣根が高いし、という少々欲張りなニーズにもちゃんと答えていますよね。

で、筆者の場合は、絵本・イラスト関連のブログを運営している関係上、できれば書店関連の企業と提携したい、ということで申請したら、楽天市場を始め、一度に39件の広告主との提携が実現しました。

タグ

2009年1月28日|

カテゴリー:ネットで副収入, カテゴリー:副収入準備編

@SOHOで求職

@SOHOは、在宅ワーカーと発注基である企業を仲介する、SOHOと在宅ワークのポータルサイトです。

登録料は無料です。現在1300人のSOHO事業者が登録しているようです。

国内に在宅ワークのポータルサイトは数多いですが、これだけ多くの人に受け入れられると言うことは、それだけ安心して使えるサイトということでしょうね。

実際、わたしはまだ登録して間もないのですが、大変お世話になっています。すでに2件ほどお仕事を受ける事ができました。

一件は現在も続行中で、副収入にもしっかり貢献しています。

タグ

2009年1月27日|

カテゴリー:副収入準備編

イーバンク口座を作ろう

イーバンクは、ご存じネット専用銀行ですが、ポイント&現金収入を気前よく獲得することができます。

副収入がほしい人はぜひ登録しておきましょう。

通常、銀行に口座を持つという場合は、通える範囲の銀行窓口まで出向き、数枚の登録書類作成、捺印を経て1~2週間後にキャッシュカードと通帳が郵送されてきて初めて利用可能になります。

しかも手数料として100円程度ですが、入金しておく必要があります。

その後も変更、口座追加のたびに登録窓口へわざわざ出向かなければなりません。

ネットバンクは、そういった手間を一切省き簡略化しているので、とても利用しやすいですよね。さらに、リアル銀行にはない利率の高さも魅力的です。24時間取引可能という便利さもあります

タグ

2009年1月25日|

カテゴリー:副収入準備編

資格取得と副収入について考えよう

ちょとした小遣い稼ぎをする程度なら資格はなくてもできます。データー入力やライターなどは、副収入の方法としてはごく初歩的な物です。

育児の合間とか家事の合間など、生活の中の隙間でできる仕事です。ですから、収入というよりは生き甲斐とか、お楽しみとしての意味合いが強いですね。

しっかりと確実な副収入を得たいと思うなら、ネット関連の在宅ワークよりも勤めた方がよっぽどお金になります。

もうちょっと副収入がほしいというなら、ホームページ作成やDTP、もしくは挿絵・ホームページやパンフレットなどに掲載するための商用イラストを請け負うというのはどうでしょうか。

これも資格はいりませんが、副収入にする程度の若干の資質と技術は必要とされるかもしれません。

タグ

2009年1月 5日|

カテゴリー:副収入準備編

内職商法など悪質なものに注意しよう

副収入をえるために。在宅で仕事をしたいと言うときに気をつけたいのは、高い登録料やサポート費を請求してくる会社です。

「高額収入」というキャッチフレーズに魅せられて、うっかり登録してしまわないように気をつけましょう。

「自分だけは大丈夫」と思っていても、いざ直面してみると、ころっと騙されてしまう事が多いものです。

後で冷静になって振り返ってみれば、確かに不自然な点がいくつも出てくるものです。なんで
あんな変な言葉を信じてしまったのだろうと後悔してみても、後悔先に立たずと言うことになってしまいます。

副収入どころか、痛い出費になってしまうので、ぜひ気をつけてください。

タグ

2009年1月 2日|

カテゴリー:副収入準備編

自宅で副収入をえる方法を考える

在宅で副収入を得る方法は、ネットを利用すればたくさん出てきます。その収入も小遣い程度から一財産築けそうなものまでさまざまです。

ただ、うまい話には裏があるもので、詐欺まがいの物もありますから注意が必要です。

いわゆる内職商法といわれるものがそれ。

健康食品のモニターになってレポートを提出したらXXXXX万円得られるというものから、データー入力のためのサポート・資格試験合格に%%十万円必要などなど、報酬金額がたかいものには、何か裏がありますので、こういった詐欺には十分気をつけたうえで、ではどんな副収入になるものがあるかのぞいてみましょうか。

タグ

2009年1月 1日|

カテゴリー:副収入準備編

週末起業で副収入、でも・・・注意

週末起業でお金を稼ぎたいと云う人は多けれど、先立つものが・・・こんな悩みを抱えている人も少なくはありません。

社会問題となっている派遣切りも、けっして派遣社員だけの問題ではありません。"今度はおまえの番だよ"さまざまな現象がそう語っているようです。

実際、"正社員切り"が始まるのも時間の問題でしょう。それだけにわらにすがる思いで週末社長を目指す人が増えていくのは当然といえば当然でしょうか。

賃金カットや賞与無しなど、収入が激減する人もいるでしょうし、リストラや会社の倒産におびえることもあるでしょうから、すく市でも副収入を確保したいというのは、当然のなりゆきといえるでしょう。

タグ

2008年12月31日|

カテゴリー:副収入準備編