20万円と38万円を越えたら確定申告:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

20万円と38万円を越えたら確定申告

会社勤めの傍らでの副業、いわゆる週末起業という場合、副業という形での所得が年間20万円を超えた時点で申告が義務つけられます。

20万円未満なら申告の必要は、原則ではありません。ここで是非覚えておくと便利なのが、控除の考え方です。

所得というのは、稼ぎ出した収入から、事業運営のための必要経費を差し引いた分です。

必要経費に含まれるのは、顧客の家や取引のある企業所在地までの行き帰りにかかった車のガソリン代、公共交通費、タクシー代、ネット事業なら接続料金など、月ごとにかかった費用の1年分です。
これらの費用を収入額から差し引いた額が、計上すべき所得額ということになります。

ですから、計算上は収入が20万超えていたとしても、これらの経費を差し引いた額が20万円を1円でも下回っていたら、申告の必要は無いということです。(ただし、それが認められるかはわかりませんから、申告はすべきです、)

さらに、保険に加入しているなら、その分も計上できるので忘れないように申告しましょうね。

こういった事実を知っているのと知っていないのでは、納める税金の額に大きく響いてきます。

日頃から、レシートなどはきちんと保管しておく習慣を身につけ ることと、帳簿もきちんとつける事を心がけましょう。

税務署は、余計に払いすぎていても何も教えてくれないのに、不足が生じた時だけうるさく言ってくるも のです。自分の身は自分で守っていくしかありません。

主婦で在宅副業をしている場合も確定申告が必要になりますが、サラリーマン稼業の人よりは、もうちょっと納税枠は緩やかで、年間38万円超えた分が納税対象になります。

ここで一つ注意しておく事があります。

個人事業主という場合は、基本的に登録は不必要ですが、必要経費の控除を受けたいなら、税務署に「個人事業開廃業等届け書」また、60万円の青色控除を受けたいのならば、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出しておきましょう。

スポンサードリンク

タグ

2009年3月31日|

カテゴリー:副収入準備編