副収入を得るための準備について考えよう:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

副収入を得るための準備について考えよう

副収入を得る方法は、いろいろ考えることはできます。在宅や内職のようにこつこつと身を粉にして働くことで歩合給を稼ぐ方法、ネットショップを開業して大きく稼ぐ方法。宝くじや懸賞といった運試しでどかーんと一攫千金をねらう方法。

国家資格をがんばって取得して、本業の合間に実務体験を積みながら独立を目指す方法など。

この中で一番垣根が低く、安定した副収入を得られるのは内職でしょうか。ただし、1回に得られる収入の額は一番低いかもしれません。

また常にコンスタンツに仕事があるわけではないのもデメリットの一つですね。

宝くじや懸賞は、どちらかといえばギャンブルに近いものがあるので、副収入の前に、投資した額のほうがばかになりません。
かつてはもてはやされた株もしかりですね。電子扱いになって取引が簡単になったとしても、元本割れは覚悟しなければなりません。

では、ネットショップは?今や大人気で、それに関する書物が多数でていますね。低資本または0円で開業し、好きなことを商材にして成功すれば莫大な副収入を得られると言うことで、続々その店舗数は増えていっています。

代表的なものにネットオークションがあります。ネットオークションといえばヤフオクというくらい、ストア間でのヤフオク活用は今や常識となっています。

ただ、実際日本一の店舗数、出品数、出店数を誇っているのは楽天市場なのですが、ヤフオクの伝説は衰え知らずですね。さすが老舗の貫禄といったところです。

ただ、この調子でどんどん増えていけば、いづれ自然淘汰されていくのは必至です。今は出店すれば売れるといったド迫力の人気ぶりでも、けっしてその人気は不滅ではないと言うことも覚えておいた方がいいのではないでしょうか。

副収入を得る方法は、アイデア一つでいくらでも作り出すことができます。特にネットショップなら、自分の得意分野や好きなことをそのまま収入につなげていけますから魅力的ですよね。

単純に安定収入を考えるなら、やはり国家資格を取得して本業と平行してやっていくのが一番でしょうね。

すぐに収支に反映させるのはかなり難しいと思いますので、副業としてちょっとずつ実績をつみながら、いつか本業に切り替えていくと言うパターンが理想的です。

国家資格を得るには、専門の学校に入るなど、勉強をしなければなりません。難易度の高いものほど忍耐力と地道な努力が必要となってきます。

収入を得ると云うことは、なんであれそう簡単なことではありませんね。

スポンサードリンク

タグ

2008年12月28日|

カテゴリー:副収入準備編