副収入と確定申告について:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

副収入と確定申告について

仕事をしている人に必ずついてまわるのは確定申告ですよね。通常は2月からですが、サラリーマンの還付金申告は年明け早々受付が始まるから、そろそろ落ち着かない人もいるのではないでしょうか。

確定申告とは、すなわち1年間の収支決算報告なので、収入が多い人になると、税金を余計に取られると云って警戒する人もいるようです。

これは、さほど稼げてない人に言わせると贅沢な悩みだと思いますよね?・・・・と、思うのはわたしだけでしょうか?

いっぺんだけでいいから収入欄に、¥10000000なんて0をいっぱい列挙してみたい・・・高額納税者に名前を列挙されたら、さぞかし気持ちいいだろうな~なんて思いつつも、確定申告の本来の意味は?と聞かれたら"わかりません"という人も多いのではないですか?
確定申告は、なにも税金取りたてツールとしてだけ存在していえるわけではありません。きちんと納税している人に、払いすぎた税金を返金するためのものなのです。

特に還付金申告といった場合、サラリーマンの所得税は、給与明細にはっきり明記されているので、きちんと控除されているのはわかるのですが、医療控除、住宅ローン控除などなど計算に入っていないのも多々あるので、ぜひ申告して払いすぎた分の税金を返金してもらいましょう。

パートや内職従事者の人も、収入が20万以下でも税金が戻って来ることもあるって知ってました?

サラリーマンで、給与以外に副収入がある人も、この点は多いに注目してください。たとえば、ご主人がもしも会社で、社会保険の控除申請をしていなければ、たとえ今はパートをやめていたとしても、申告をしておけば年収に関係なく税金は戻ってくることは多いようです。

通常は、月給が20万以下の人は確定申告はいらないというのは常識ですよね。ただし、毎月得ている副収入が給与でなく「報酬」と認定されれば、やはり申告すれば税金が戻ってくるようです。

この「給与」と「報酬」の違いがなんなのか、いまいちよくわからないのですが、「報酬」と言った場合は、雑所得に分類され、収入を得るためにかかった経費を差し引く対象になるのだそうです。

職場から提供される給与明細を確認してみましょう。「報酬」となっていたら確定申告をして、少しでも税金の払い戻しを受けるようにしてください。

内職の場合も、ケースによっては準年収が65万いっていなくてもやはり控除対象になるようです。

ただし、その収入はあくまでも副収入で、ほかに本職がある場合に限ります。

などなど、きちんと確定申告しておけばそれなりにメリットも大きいことがわかりますよね。

たくさん収入を増やして高額納税者に名前が列挙されるのも最高ですが、まずは払いすぎた税金を少しでも取り戻して生活の足しにできれば、なお結構なことですよね。ぜひ税務署に確認をしてみましょう。

スポンサードリンク

タグ

2008年12月29日|

カテゴリー:副収入準備編