SOHO人材センター:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

SOHO人材センター

SOHOや在宅ワークのポータルサイトの一つです。トップページを開いて、まず目に飛び込んでくるのは、左端に出てくる数字です。

登録求職者数5400人に対して提携企業は500件を切りました。先月よりも200件近く減少しています。

10分の1の確率・・・・。外勤の正社員就職ほど深刻でないにしても、厳しい数字ですね・・・。副収入を得たいと思って登録しても、実際に副収入を得られるのは1割弱とは!

SOHO人材センターは、独特のシステムを持っています。上部にあるパスキット会員は、有料会員クラスです。月々最低4万円以上の会員費をを支払うことで、より高度な技術を学ぶ事ができるほか、求人してきた企業向けに最優先でアピールできます。
有資格者の補助要員として、たくさんの無資格者(無料会員)がいます。無料会員は、提携企業情報の一部を見る事が許されています。

相手企業に公開できる個人情報も一部です。あくまでもメーンは高度な技術を持った人向けのポータルサイトと言う事で、無料会員はおまけ?と、ついひねくれてしまいそうですが・・・。

たとえば、HTML言語の読み書きが自在にできて、ホームページ作成と運営ができるなど、腕に自信があるという人は、こういうサイトもあるという事で試しに登録してみてはどうでしょうか?

うまくいけば、高い副収入を得るチャンスを得られるかもしれませんよ。

ただ、ホームページ制作者や技術開発者を募集する求人が多いのは事実ですが、パスキット会員限定という条件をあげてくる企業は、わたしが知る範囲では、ほとんどありませんね~。

資格有無以前に、とにかく実践力がある人がほしいという企業の思惑がうかがえそうです。

常勤、アルバイト、派遣と実際のワーキングスタイルは必ずしも在宅に限ってはいません。働きたい場所も全国規模で選ぶ事ができます。

即日副収入につながるわけではないですが、登録だけしといて、じっとチャンスを待つうちに、いつか希望の仕事が見つかることもあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

タグ

2009年1月30日|

カテゴリー:副収入準備編