週末起業で副収入、でも・・・注意:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

週末起業で副収入、でも・・・注意

週末起業でお金を稼ぎたいと云う人は多けれど、先立つものが・・・こんな悩みを抱えている人も少なくはありません。

社会問題となっている派遣切りも、けっして派遣社員だけの問題ではありません。"今度はおまえの番だよ"さまざまな現象がそう語っているようです。

実際、"正社員切り"が始まるのも時間の問題でしょう。それだけにわらにすがる思いで週末社長を目指す人が増えていくのは当然といえば当然でしょうか。

賃金カットや賞与無しなど、収入が激減する人もいるでしょうし、リストラや会社の倒産におびえることもあるでしょうから、すく市でも副収入を確保したいというのは、当然のなりゆきといえるでしょう。
こんな不況の中でも、運良く会社に残れたとしても、希望道理の所得、職種を維持できないかもしれませんから、将来への不安はつのるでしょう。

定年退職後の生活だって、年金だけでは不安ですから、今から週末企業の準備や筋道をつけて、副収入をえる方法をもっておくだけでも、安心できると思います。

ただ、それが会社勤めに影響を及ぼさない程度にしておくことも大切で、週末起業というのははあくまで、副収入をえるための本業との両輪をこなすということですから、それを忘れてはいけません。

そうでないならば、それは完全な独立開業と考えることですね。

こんな絶望的な状況の中では、独立開業も簡単ではありませんから、食が今あるならば、それを維持し、少しでも家族を守ることを優先し・・・週末起業は、復習でという基本的な原則を守らないと、両方失う羽目にもなりかねませんのでその編のちゅぅいはしておかないといけません。

なぜなら、この不況はいつまで続くかまったく見通しがつかないばかりか、向こう2年間はさらに悪化するであろうとさまざまなマスコミが報じています。

たまたまうまく週末起業が成功して、れっこうな副収入になったとしても、このご時世ですから、最後まで順調にいく保障はありません。

もしも途中で失敗したときに、たよる給与収入がなければたいへんなことになってしまいますね。

スポンサードリンク

タグ

2008年12月31日|

カテゴリー:副収入準備編