資格取得と副収入について考えよう:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

資格取得と副収入について考えよう

ちょとした小遣い稼ぎをする程度なら資格はなくてもできます。データー入力やライターなどは、副収入の方法としてはごく初歩的な物です。

育児の合間とか家事の合間など、生活の中の隙間でできる仕事です。ですから、収入というよりは生き甲斐とか、お楽しみとしての意味合いが強いですね。

しっかりと確実な副収入を得たいと思うなら、ネット関連の在宅ワークよりも勤めた方がよっぽどお金になります。

もうちょっと副収入がほしいというなら、ホームページ作成やDTP、もしくは挿絵・ホームページやパンフレットなどに掲載するための商用イラストを請け負うというのはどうでしょうか。

これも資格はいりませんが、副収入にする程度の若干の資質と技術は必要とされるかもしれません。
もしも資格が必要とされるとすれば、翻訳などはTOECなどのレベルが応募要項に乗っていることがしばしばあります。

副収入を得たいという場合に問題になるのは、資格有無と言うより実績である場合が多いようですね。

ただ、実績はいくつも仕事を受けおいながら積み上げていく物なので、はじめから持ち合わせる物ではないですよね。

実績が問われると言う場合は、在宅ワークを始める前に前職で実務を積んでいたかどうかという、その辺も関係してくるようです。

高額所得を在宅ワークから得ている人というのは、は大半前職からの積み上げがあった人が多いようです。

ある日突然在宅ワークに切り替えて、0からのスタートから高額所得を得られるほど、在宅ワークの世界は甘くはありません。

将来独立開業を目指してして資格を取ったという人は、逆に資格をとってすぐに独立・起業というのはかなりの冒険です。

はじめは副収入のつもりでとらえて、別に本職を持ちながら、じっくりと実績を積んでいく方が賢いやり方のように思いますが、いかがですか?

スポンサードリンク

タグ

2009年1月 5日|

カテゴリー:副収入準備編