オンラインショップ開業で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

オンラインショップ開業で副収入

今もっとも注目を集めている在宅での副収入や独立のためのビジネスとして、ネットショップをあげることができます。

人によっては月ん十万も副収入を稼ぐマンモスショップもあるほどです。ネットショップと言えば、ヤフーや楽天市場が有名ですよね。

楽天市場と言えば、日本一の商品数と店舗数を誇っており、しばしばテレビでも取り上げられるほどですし、ヤフーならオークションの定番です。

在宅で副収入を稼ぎたかったらヤフーへ行けと言われるほど、私達の生活にしみこんでいる感じがします。

それだけに、詐欺などのトラブルもしばしば勃発しているようですが・・・。
利用者数もさることながら、副収入を得るためにネットショップを開業する人も莫大に増えました。あまりに大量の店舗があるので、選ぶのも大変なくらいですね。

これだけ次々と開業され続けたら、そのうち自然淘汰されていくのではないでしょうか。法的な整備も必要になってくるかもしれません。

なぜ、これほどまでにネットショップが人々に受け入れられていったのでしょうか。

買い物客側で見た場合のメリットは、自宅にいながら24時間買い物が可能であること。商品も豊富。買い物をすると特典も一緒についてくるなど、さながらネット上のコンビニストアといった利便性があることでしょう。

ショップ側のメリットとすれば、日本中いや世界中から不特定多数の顧客を集めることができる、実際に開業するよりもはるかにローコストで自分の店がもてる、かなりの副収入を得ることもできるといったような、お互いにメリットがあるから、ここまで発展してきたのでしょうね。

ネットショップを開く方法は2つあります。

一つは、ヤフーや楽天市場なんどのショッピングモールの一部に開店する方法です。出店料として3万円前後必要です。

開店にあたってのセミナーや開店後のサポートも受けることができます。売り上げが上がれば、サイトを宣伝してもらえます。

サイト構築ができなくてもOK。専門知識も不要です。一番のメリットは、これらのブランド名を借りながら顧客を増やしていけるという点でしょうね。

もう一つは、レンタルサーバーを活用する方法です。ネットで検索すればたくさんのサーバーが出てきますので、是非探してみてくださいね。

ヤフーや楽天市場を活用した場合は、ショッピングモールの中の支店という意味合いが強く、いろいろ規制もかかってきますし、出店料も馬鹿になりません。

しかしレンタルサーバーなら、同じようにサポートや販促ツールを利用しながら、さらにローコストで開業できるメリットがあります。

さらにビジネスチャンスを拡大しつつあるのが携帯電話での開店です。携帯所持者は今や飽和状態です。場所を選ばず、パソコンよりもさらに手軽に買い物を楽しむ事ができるのです。

一般の書店やCDショップでも、この携帯への参入に力を入れているところも増えてきました。
さまざまな可能性を秘めたネットショップ、ぜひ副収入の一環として検討してみてください。

スポンサードリンク

タグ

2009年1月 3日|

カテゴリー:副収入ビジネス