ネット販売には欠かせない商品画像:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

ネット販売には欠かせない商品画像

物を販売して、副収入をえるためには、ネットショップでもオークションでも欠かす事ができないツールは商品画像です。

特にオークションの場合は、写真の見栄えの善し悪しが売り上げに影響してきます。

かといって、プロなみの高度な技術をずぶの素人が短期間で身につけるなど、とても無理です。

しかし、ちょっとした工夫でプロ顔負けの見栄えの良い画像を写す事ができるんですよ。

自分も手作り品をネットで売って副収入を得たいと思っている人は、ぜひ覚えてください。

それだけで稼ぐ金額に影響してくることもけっこうあるのです。
写す時間帯は、なるべく曇り空の日中が最適です。晴天の日のほうが良いと言う人もいます。

もし晴天の日に写すなら、日射の方向に注意してください。お日様を背にして、商品に日射が当たるようにします。

さらに写す時の自分の向きです。商品との距離をうまく調節しないと、自分の陰が商品に写ってしまうことがあるのです。

この辺の調節が、晴天だとなかなか難しいんですね。曇りの日の方が調節は簡単です。

もっといいのは室内で写す事です。天候の影響を受けずにすみます。携帯ではなく、必ずデジカメを使いましょう。

携帯では写真のサイズが小さすぎます。フラッシュをたくほうが良いと言う人と、フラッシュは必要ないという人で、ここでも意見がまちまちです。

実は、ある手引き書の受け入りですが、一般の電気スタンド(白熱灯)を私は使っています。

白熱灯の光が逃げないように、スタンドと反対側についたてをたてます。

そして、デジカメはフラッシュをたかず近景で写します。

絵はがきなどの平たい物は、床に白いシーツ、テーブルクロス、または大型カレンダーの裏をしいて、そこに商品を置いて、真上から写します。

箱形の物は背景と床に白いシーツなどを敷き、その上に立てて写します。

画像編集ソフトで、明度、彩度などで画像を編集します。フリーソフトでもいいですが、できれば細かく編集できる物の方が調節しやすいと思います。

箱形のものなら、上下真っ正面とさまざまな角度から写しましょう。

ネット上で見る人は、購入してから自分の手元へ届くまで、実物を見ることも触ることもできないわけですから、できるだけ商品の正確なイメージが相手に伝わるように、鮮明な画像を選んで下さい。

ただし、稼ぐためだからといって、傷のおおい中古品を販売する場合、美しく見せずぎるのは危険です、後でクレームとなります。

スポンサードリンク

タグ

2009年1月10日|

カテゴリー:ネットで副収入