アフィリエイト広告で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

アフィリエイト広告で副収入

最近、コストをかけずに副収入を得ることができるということで、主婦の間で人気が高まっているネットで稼ぐ方法の代表としてアフィリエイトはよく知られていますね。

一般的には、高度な技術や知識がなくてもHPのように利用できるということで、ブログを使ったアフィリエイト広告が主流になっています。

ブログに書くだけで、本当に副収入を得ることはできるんでしょうか?

アフィリエイト広告だけで月100万稼いでいる人は実際いるようです。

しかし、稼げる副収入は多くの人は、ぜいぜい月に1万、へたすると1000円がやっとというのが現状のようです。
実際、アフィリエイト広告と言った場合、アフィリエイターが広告バナー1個1クリックにつき1円以下というのがほとんどです。

広告文章をブログ1ページに500字~600字書いて、相場は100円程度です。

ちなみに、今書いているこの文章はここまで書いて、350字になりました。600字て、結構長いと思うでしょう?

中には、実質20円と言う会社もあります。これなら1ヶ月必死に書いてもなんぼにもなりません。ライターというと聞こえはかっこいいんですけどね。

広告主の立場で考えれば、実際に新聞や広告などのペーパー広告を出すより、はるかにローコストで自社の宣伝ができるわけですから、これほど効率の良い宣伝はないわけです。

とにかく副収入がほしいといって、むやみやったら広告を張っているブログありますよね。宣伝文句も、事業者から提供された広告文をそのまま貼り付けているだけというサイトも多いです。

訪問者の立場で考えたとき、こういうページは、どう感じますか?

なんか下心見え見え、いかにも稼ぐぞーといった、くどいページとしかうつりませんよね。

100万稼ぐアフィリエイターと稼げないサイトの違いというのは、この辺の発想の違いでもあるようです。

実際、アフィリエイターの達人達は、どういったコンセプトでサイトをつくっているかというと、

●広告っぽさを全面にださない
●自分の言葉で、商品に興味を持ってもらえるような文章を書くこと。その時に広告っぽさをださないこつとして、目上の人や同年代の人へ話しかけるような話し言葉で書く。
●事前に、その商品の特徴をよく理解している事。できれば実際に自分で使ってみるのが一番いいですね。要は、レビュー、口こみの強みを生かすことです。
●自分が楽しんで書くこと。自分が楽しいと感じるものは、相手も楽しいと感じてもらえます。

訪問者が興味をそそるような文章を書いた後に、"さらに詳しいことを知りたい人はこちらへ"の「こちらへ」にリンクを張って、自然にリンクへ気持ちが向くような流れを作っていくこと、またその商品のすべて書かずに、たとえば肝心の金額を書かずに韻を含ませることもこつの一つのようです。

アフィリエイト広告で、副収入を得ている人は、見えないところでのこうした工夫と知恵を絞っているのだと言うことを是非覚えておきましょう。

スポンサードリンク

タグ

2009年1月12日|

カテゴリー:ネットで副収入