在庫0でのネットショップ開業にドロップシッピング:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

在庫0でのネットショップ開業にドロップシッピング

在宅で副収入を獲得できる仕事をいろいろ見てきましたが、ハードルは高いとはいうものの、やはりネットショップ開業が一番効率が高くかつ一番自分らしく働けそうな気がしました。

皆さんは、いかがですか?でもやっぱりオークションで一財産築きたいと言う人も、アフィリエイト広告で副収入を得たいという人も、工夫と地道な努力の積み重ねが成功の道といえそうですね。

楽して稼げる仕事は、副収入といえどは存在しないのです。

ネットショップをやってみたい人にとって、在庫管理は頭の痛い問題です。

商品をどこから、どれくらい安く仕入れることができるか。ショップを長く維持していくためには死活問題です。資金もばかになりません。
在庫を抱えれば、一部屋開けなければならないので家族にも迷惑がかかりますよね。

そこで誕生したのがドロップシッピングと言う独特のネットショップの運営法です。

商品の売り込みを先にして、欲しいという人が出てから製造元へ発注するシステムです。代金の徴収や管理もいりませんし、仕入れ資金もいりません。

商品の代金も基本的金額にプラスαして、自分なりの金額を設定できます。面倒なことはすべて製造元がしてくれます。

仕入れや発送に時間をとられなくてすみます。代理店のような物でしょうか。ドロップシッピング・サービスプロバイダー(DSP)、メーカー、ドロップシッパー(自分)、購入者の4者間での流通になります。

アフィリエイト広告との違いは、アフィリエイト広告は、自由な設定はできません。また商品が売れたときのリベートだけを受け取るので、たとえば、10000円の商品を売ったとして、10パーセントのリベートが約束されていた場合は、1000円があなたの取り分ということになります。

ドロップシッピングのデメリットは、商品に対しての知識も理解もないために顧客からの対応が難しいと言う点ですね・・・とはいっても、日本では全ての対応もしてくれる、ドロップシッピングASPが一般的です。

ドロップシッピングではなく、通常のネットショップでやりたいという人は、仕入れや発送への膨大な時間を費やすことにはなりますが、自分のアレンジやオリジナリティーという面で工夫ができるので、ョップ運営の醍醐味は味わえそうですね。

現実問題として、仕入れ先と在庫管理、財政的な問題などの運営が問題ですが、こういったサービスが全部ついて、かつ格安でネットショップ開業できるプロバイダーもあるので探してみてくださいね。

スポンサードリンク

タグ

2009年1月18日|

カテゴリー:ネットで副収入