POPデザインで副収入?:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

POPデザインで副収入?

最近あまり聞かなくなったんですが、POP(ポップ)広告デザインという仕事をご存じですか?

これは、平たく言えば広告の手書きをする仕事の事で、それをする人はPOPクリエイターと呼ばれます。

クリエイターというくらいですから、アート・クリエイターの職種にはいる専門職です。

5~6年前に「がくぶんの通信教育」で、この名前を見つけたときは、不思議な気分になったのを覚えています。

副収入につながる資格としてとらえていいのかもしれません。
主に広告会社などで必要とされる技能職という説明でした。広告のどこに使われるかというと、たまに、スーパーに陳列された商品のそばに立っているプレート (「サンマ1尾~円。激安!!」、「産地直送 タマネギ。あまい!!」などなど)、よく見かけますよね。あれがPOP広告です。

受講料は2~2万くらいでした。こんなの、わざわざ通信教育で学ぶ必要あるの?というより、こんなのが副収入になるの?これが正直な気持ちでした。

確かに、赤マジックで走り書きしたような乱雑な張り紙よりも、カラフルにデザインされた広告デザインのほうが見栄えはするかもしれません。

それにしても、これって、がくぶんのなかで、一緒に横列に並んでいた挿絵ライターよりも、一回り多い学費の通信教育で腕を磨くほどの技術?というのが本音だったのです。

しかしながら、通信教育で時間と手間をかける意味合いは、私が想像していたのとは違うところにあるのです。

このPOP広告デザインと、単なる走り書きのようなプレートとの大きな相違点は、プレートに添える一言にあります。

たった4~5文字ですが、訪問者が思わず手を出したくなるような言葉でなければなりません。

スーパーで買い物をするときに、長ったらしい宣伝文句を書いたとしても、おそらく誰も読まないでしょう。

その商品に興味がなければ素通りされるのが落ちですから、不特定多数の奥さん達に手にとってもらうためには、遠くからでも目に飛び込んでくるような、強烈な印象を与える必要があります。

そういう"ひらめき"に近い感覚は資質もあるかもしれませんが、色に対する強い関心と少しの訓練で結構磨かれる物なのです。

確かに道を究めれば、ちょっとした副収入にはなりそうですね。必ずしも広告会社への就職を目的にする必要はありません。

ただ、日常生活の中で色が活躍する場面が多い生活は、心も豊かになるばかりか、前向きの生き方ができるようになるでしょう。

そういう意味では、POP広告を学ぶことはけっしてムダではないでしょうし、それなりの副収入にもなるわけです。

しかも公的資格として国が奨励している資格という事からも、その技能を身につけておいて損はないでしょう。

就職口ですが、ネットで調べてもPOP広告デザインオンリーでの求人は見つかりません。

クリエイター・アートのなかの1部分としての位置づけなので、この技能だけでは活躍の場はかなり少なさそうです。

よって、POP広告デザインのみでの副収入を目指すと言うよりも、アートディレクター、またはデザイナーとしてのスキルの一つと言う風に考えた方が良さそうです。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月 1日|

カテゴリー:スキル資格副収入