校正で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

校正で副収入

これも高額な副収入を得られる在宅ワークとしての代表的な資格ですね。今でも時々求人はあるようです。

どういう仕事かというと、原稿が出版物として世に出回る前に、表記ミスや誤字、脱字を一つ残らず見つけ出して訂正していく仕事です。

校正士の武器は赤鉛筆です。これで片っ端からミスを見つけては赤印をつけていくので、最後は原稿が真っ赤になります。

もしもこの段階を全く省いたらどうなるか、皆さんは誤字脱字だらけの本を手にすることになります。せっかく名作を手に入れても、これではがっかりですよね。

つまり重要な仕事で、十分な副収入になりえる仕事であることが理解できると思います。
校正士のメリットは、時としてベストセラー作家の原稿にふれる機会が増えることです。みんなから感謝されるでしょうし、思いがけないところで雑学が増えます。

漢字の知識も増えます。もちろん国語力も自然と身につきますよね。副収入としても申し分ないです。

逆に難しい点は、細かい文字を一個一個目で追っていくので、かなり神経がくたびれるという点をまずあげることができます。

特に視神経からくる疲労は相当な物でしょう。在宅ワークとしての副収入はなかなかどうして期待が持てるんですが、その分だけ重労働でもあります。

さらに、赤ペンでつけていく印にも一つ一つ決まり事があるという点も上げることができます。

出版社の人と自分と、複数の人間が同じ原稿に関わっていますので、誰が見ても一目でわかるように共通の修正記号が作られているのです。

それを一つ一つ覚えなければなりません。

たとえば、表記ミスは、そのミスの仕方により細かく分類されており、その一つ一つに修正記号が割り振られています。

こうした修正記号は、いわば出版社と自分との間で取り交わされる言語と思っていいでしょう。

漢字や国語の知識に加えて、何十個とある修正記号と、その修正記号に適応されるミスの種類をひとどおり覚えなければならないのです。

手渡される原稿の枚数が多ければ、部屋に軟禁状態になります。

自分で一日に何時間やれるか、おおよその1日のスケジュールを立てて、時々外へ出て軽い運動をするなど、体調を整えながら実務に励んでください。

校正士に向いているのは、本を読むのが好きであること、細かい仕事が大好きな人、何時間もじっとしていても平気な人、勤
勉な人、出版業界に関心がある人などですね。はじめは内職で始めた仕事でも、多くのプロの作家達の原稿を読みながら文章力を身につけていって、いつか自分も作家デビュー、もしくは編集者として独立なんて、副収入以上の相乗効果が生まれるかもしれません。

ちなみに教育給付金の対象になっているので、適応範囲に入っている人は研修費の一部が戻って来きます。

ハローワークでその辺の詳細は確認してみたらどうでしょう。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月 2日|

カテゴリー:スキル資格副収入