翻訳で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

翻訳で副収入

副業としても本職としても、どちらでも可能、子育てしながら、自分の空いた時間に副収入を稼ぐことができる仕事として、ミセスの間でも人気急上昇中です。

女性達のあこがれの仕事でもあるのです。報酬額もなかなか馬鹿にできないですよ。

最高に副収入を得ている人で100万以上獲得している人も実在しています。(こうなってくると、副収入の域超えてますね)。

内職としてのライターで受注したとしても400字程度で2000円~3000円と言うのが相場ですから、これはなんともおいしい副収入といえますよね。
では、肝心の仕事ですが、出版業界や翻訳会社が主になります。ただ、出版業者も翻訳会社もそう多くはないですよね。相当競争も激しいのでは?

みなさん、どうやって発注先を見つけているんでしょうか?

方法はいくつかあります。

・翻訳コンテストで入賞することで、自分の翻訳力の高さを世間にアピールしていく。(資格制度はありません。)

・編集やライターの仕事をしながら文章力をせっせと磨いているうちに、編集者や翻訳者を通じて仕事が舞い込んでくる事もあり。

・翻訳会社に直接出向き、営業をかける。んん・・・・なかなか垣根が高そうですね。

翻訳業は、まさに実力の世界です。誰でもなれるかと言えば、ここまで見ても大変そう・・・そんなイメージを受けませんか?

翻訳と聞いて記憶に新しいのは、「ハリーポッター」、「赤毛のアン」といった名作です。

未だに衰えぬたくさんの子ども達の人気の高さはすごいですよね。

なんといったって、あの絶大な人気の基盤となっているのは、原作を超えた、すばらしい表現力、文章力です。

実力さえあれば、莫大な資産を築く事も夢ではありません。しかし副収入を得るために、作品の背景にある歴史や民族性、作家の心持ちなどへの深い理解力と知識が必要になってきます。

実際、翻訳の達人になっていくのは、ほんの氷山の一角であることをお忘れなく。
それでももともと得意で好きな外国語があるのならば、好きなことで副収入を得られる大変よい手段といえるでしょう。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月 4日|

カテゴリー:スキル資格副収入