テープライターで副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

テープライターで副収入

テープライターという仕事をごぞんじでしょうか?

会議やセミナーの講義を録音したテープから、内容を正確に聞き取って、改めて文章に転換していくと言う物です。

在宅でも常勤でも、どちらのワーキングスタイルでもそれ相応の稼ぎを出す事はできます。

稼ぎがいいと言うことは、それだけ高度な技術を要する特殊能力であると言うことです。

"聞き取った事をそのまま書き取る"、言葉で発すれば簡単です。一度TVコマーシャルから流れてくる会話を紙に書き取ると言うことをいっぺんやってみてください。

副収入を得るための仕事としては結構大変かもしれません?
普段何気なく聞いている会話ですが、とてもじゃないけど書く方が追いつかない、と言うことに気づきましたか?

口頭の言葉が口から発して消えていくのは一瞬です。書くスピードの約4倍の早さがあると言われているのです。

それを間違いなく紙面上に残すと言うことは、何か裏技でも使わない限りは、限りなく不可能に近いように思えますね。

たとえうまい裏技があったとしても、テープ上で語られている内容と趣旨が大きくかけ離れたものになってしまったり、実際に語られている言葉を自己本位な言葉に代えることで、語り人のもっていたニュアンスが全く違ってしまってはいけないのです。

単に耳がいいというのではなく、聞き取った内容を文章としてまとめる国語力も必要になってきます。守秘義務も発生します。

では、実際にテープライトは、どのようにするかというと、先述したように口頭で発せられるスピードは、書き出す早さの約4倍ありますから、すべて書き出すのは無理です。

瞬発力も必要になってくるので、実際はできる人が限られてきてしまうと言うデメリットがあるために、テープライトの技能を持っている人はなかなか貴重な存在といえるでしょう。

もっとも、速記ではないので、録音したものを何度も聞き直すことはできますので、時間をかければできないわけではありませんが・・・とうぜんその分効率はおちてしまいますので、訓練と経験はが副収入としての効率を上げてくれると思います。

もちろん、大変なだけに、報酬も、データー入力ワーカーよりは若干多くても頷けますよね。

さらに、追記しておくべき事が一つあります。録音状態がけっして良好とは言い難いと言う点です。

プロの音響係が最新機器で録音するとは限りませんから、雑音だらけ、声が遠くて小さい、などなどのハンディキャップをも乗り越えて業務をこなしていくと言う点です。

では、ぜひ通信教育を!と言いたいのですが、この副収入のためのスキル収得としての投資はおおよそ6万以上と高値なようです。

勉強の厳しさに挫折する人も多いようですから、やり遂げて立派なテープライターになれれば、競合もさほどなさそうですし、定期的な仕事もできそうですから、副収入源としてはわるくないかもしれません。

ただし、優秀な成績で卒業したから、どんどん仕事が舞い込むかというと、その保障はできませんので、学ぶ前にその点も確かめておきたいところです。

参考までに新聞などの求人広告を見てみてください。"テープライターの求人"はまず見かけませんよね。

つまり自分で仕事を見つけるということは困難で有ることがわかります。となれば、スキルを学んだあと、仕事を紹介してくれるような通信教育で学ぶ必要がありそうですね。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月 6日|

カテゴリー:スキル資格副収入