趣味の建築模型で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

趣味の建築模型で副収入

建築模型製作で副収入を得られるというのは魅力的に感じられますね。

建築模型と聞いて、まず連想することは、どんなことですか?わたしは公民館や学校、体育館など公共の大きな建物のロビーなどによく展示されていた、その建築物そっくりに作られた模型です。

ほんとに良くできてるなーと思いますよね~。細部まで厳密に再現されていて、今自分がいる建物って、こんな風にできてるんだ~と、改めてまじまじと模型に見入ってしまいます。

人や動物がおかれていることもあり、ちょっとした芸術作品を鑑賞しているようです。ここまできちんとリアルに制作するには、相当な技術がなければ無理であることは、誰が見てもわかりますよね。

それだけこれを作る仕事をしたら、相当な副収入になるのでは?と思ってしまいます。
小さいものならともかく、大きな物になると、自宅で作ってからここまで運んでくるとなると、ちょっと個人でやるには重荷になりそうな気がします。

公共建築となると、毎年のコンペを通じて、担当者のお目にかなった会社でなければなりません。

おそらく会社倉庫で製作されたのでしょう。個人が在宅で建築模型をやるとなった場合は、どこかの個人宅の施工をするときでしょうね。

がくぶんなどの老舗の通信教育会社には、未だにこの項目は乗っています。CADよりも需要があるような説明がされていました。

確かに、今のようにパソコンの普及率が悪く、まだ高値の花だった頃は、図面の知識がない施主さんに、完成レビューを確認してもらうためには、とても重要な役目を果たす物だったようです。

実際、家の建て直しや新築をした人なら、見たことがあるでしょう?屋根の部分をとりはずすと、家の構造がうえから見下ろす感じで確認ができます。

図面を見て作成していくので、図面をも読み取る必要があります。また厳密に再現しなければならないので、手先の器用さに加えて丁寧さも要求されます。

このように高い技術を要することから、データー入力やライター以上の報酬はあるでしょうから、仕事量と、こなせる量にもよりますが、それなりの副収入になる可能性はありそうですね。

しかし、実際この技術を取得したから、どんどん仕事が来るという保障はありません。在宅ワーク紹介サイトを見ても、ペーパーの求人広告を見ても、住宅模型の求人よりもDTPやCADんの文字の方がたくさんでてきます。

もっとも、それだけスキルをもっている人がおおいので、競争もあるかもしれませんので、一概にどちらの方が副収入のスキルとしてよいとはいいきれませんが。

ただ、もしも建築業界への就職を希望するなら、わたしはむしろCADやDTPを最優先で勉強した方が有利ではないかと感じますので、副収入として、そして、模型作りがもともと趣味であるという人という少数に限定される、副収入スキルかもしれません。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月 8日|

カテゴリー:スキル資格副収入