ネイルアーティスト(ネイリスト)で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

ネイルアーティスト(ネイリスト)で副収入

最近、広告に頻繁に出回るようになったネイルアーティストと言う仕事。

要は爪先のおしゃれと言うことですが、かなり知名度も上がってきて、私達の生活の中にも深く入り込んできています。

もともとアメリカで流行していたものが日本に上陸して、とたんに女性達のハートをすっかり虜にしてしまったのです。

それとともに、ネイルを施せる人というスキルが、新たに生まれた仕事として副収入につながっていくわけです。

米国からやってきたビジネスという点でとらえてもいいでしょう。
美しくなりたいというのは女性の永遠のテーマです。それがついに爪にまできたか、という感じです
ね。

日本に最初にもたらされた"美"のスペシャリストは"髪"。それまで日本髪が主流だった女性達にとって、結いをほどき、思うがままのヘアスタイルに形を変えてしまうヘアアートは、衝撃的な体験であったに違いありません。

思えばあれもアメリカ渡来でしたよね。それからボディーに移行し、次は爪のおしゃれをも楽しむようになりました。と、いうことは、次回流行るとしたら、今度は足?

実際、若い人たちの間でちょっとずつですが、足首のかざり、フットレス?(ネックレスの足番だから・・・・)という足下のおしゃれをたしなむ人も出てきています。

要するにですね、この世に女性という物が存在する限りは、どんなに世の中が不景気になろうとも、ビューティー業界は不滅と言うことですよ。

つまり底には、ビジネスが必ず新たに生まれてくるわけで、そこに副収入になるゆうな仕事やスキルも生まれてきます。

人に見せるというよりも、自分のための癒しです。特に爪なんて、まじまじと見る人は早々居ません


それに長く伸ばしたりしたら、生活に支障がでるし、第一危ないです。でも、つかの間でもいいから、こういう目立たないところに密かな美を楽しみたいのです。こういう女心って、男性にはなかなかわからないだろうな・・・・。

実際、ネイルアーティストをやっていて、良かったなーと感じるのは、人に感動を与えることができたときだそうです。

自分の技術で人に喜んでもらえるってことは、技術者の冥利に尽きますよね?

そういう意味では、ネイルアーティストの世界はまだまだ将来性は抜群にある業界なので、副収入を得るための仕事としては一番のおすすめですよね。

副収入と言わず、常連をうまく増やしていけば、本職として独立することも可能なのです。

場所も取らないので、オフィスをわざわざ準備する手間も省けますよね。すなわち、在宅での副収入を考えている人には、うってつけの仕事といえます。

では、どうやったらネイルアーティストになれるかというと、仕事が忙しくてスクールに通えないと言う人のために通信教育も充実していますし、特別な資格制度があるわけではないので、まずはもよりのサロンに就職して業を磨く事が一番ですよね。

なかには民間資格をくれるところもあるようです。もちろん技能試験もあります。もしも、将来独立を考えているなら、こういった技能試験で技術の確かさをアピールしておけば、信頼度も増すこと請け合いです。

なんと無料動画で、ネイルアーティストの技術を学べるオンラインDJもあるらしいです。

ポッドキャスティングと呼ばれるのがそれ。iTunesが使えるなら、「Syndy」にアクセスしてみてください。

ネイルアーティストでの副収入を考えている人必見です。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月11日|

カテゴリー:スキル資格副収入