賞状書士で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

賞状書士で副収入

副収入を稼げる在宅ワークと言うときに必ず項目に出てくる常連ですが、本当に副収入を期待できるんでしょうか?

通信教育業界の大御所がくぶんを参考までにのぞいてみると、1枚につき2000円~5000円の報酬がもらえるようです。うむ。

収入額は確かにいいですね。ただ、筆者自身は目下@SOHOとSOHO人材センターの2つの在宅ワーク・ポータルサイトに在籍中ですが、紹介項目に「賞状書士」はありません。

ネット検索もしてみましたが、通信教育サイトや学校情報しかでてきません。ペーパーの求人広告欄でも求人を見たことはありません。

従って、資格はとっても在宅ワークとして副収入を稼ぐのはちょっと難しいですね。
原因としては、やはりパソコンの存在があるでしょうね。フォントの書体で、毛筆書体を簡単に検索できますし、年賀状もネットで簡単に作成できますから、わざわざ手書きに走る人もめっきり減ってしまいました。

わざわざプロに依頼する必要もないわけです。

そうはいっても、卒業証書や感謝状、内祝いののし書きくらいは、毛筆でささっとかっこよく書かれた物がほしいですよね。

各招待状の宛名書きも見事な毛筆の手書きでいただいたら、やっぱ心が動いたりもするでしょう。

イベントの看板なども見事な達筆で書いて欲しいと思うし、自分ではかけないという人でも、こういったところで、ちゃんと手書きの良さを感じる人は、まだまだいるのも事実なのです。

こういう人たちに、手書きの良さをうまくアピールできたら、あるいは副収入へつながっていくかもしれません。

はじめから副収入をねらってきばるよりも、友人知人または地域コミュニティーでのボランティア活動というところから、なかば教養的な意味合いで始めて見てはどうでしょうか。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月12日|

カテゴリー:スキル資格副収入