パッチワーク・キルトで副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

パッチワーク・キルトで副収入

布の端布から様々な作品が生まれていくパッチワーク・キルトは、未だに絶大なファンが絶えることはありません。

アイデア次第でマット、巾着袋、バッグ、タペストリーなどなど、作品の幅は無限に広がっていきます。

実際、こういった手作り小物で副収入を得ている人も少なからずいるようです。そのままだったら、おそらくウエスかゴミになっていたかもしれない数センチ四方の布きれが、再び作品としてよみがえる様は、まるで魔法のようです。

パッチワークの最大の魅力は、なんといっても布集めでしょう。自分の気持ちにフィットした柄の布が見つかった時は、"布が自分を呼んでいる"と、皆さん思うようです。

パッチワーク・キルトというと、すべて手縫いというイメージがあるのですが、ミシンで手早くパッチワークを仕上げたいという人も実際はいるのです。
手縫いの良さもいっぱいあるのですが、ちびりちびり縫っていくのは確かに骨が折れますからね。

細かい事はともかくとして、1枚1枚の布と針に作る人の思いをたっぷり染みこませて、さまざまなパターンで組み合わせて1枚の布に仕上げていく。

みんな同じパターンで進んで来たつもりなのに、それぞれの個性がにじみ出ていて、どこか違うのです。あたかも人の一生を布に託して紡いでいるかのようです。

パッチワーク・キルトの歴史はかなり古く波乱に満ちています。約400年前に、メイフラワー号でイギリスからアメリカへ移住してきた清教徒達が、ベッドカバーになる大きな布を作るために古着を小さく切り裂いた物を接ぎ合わせていったのが始まりでした。

この布は体に掛けると非常に暖かく、がっちりできていたので、厳寒の冬を過ごすための必需品でもあったようです。

キルトは、母から娘へ、娘から孫へと受け継がれていきました。一枚のキルトが一家の歴史を刻み、家族をつなげるツールでもあったのです。
時代の波で、一時廃れたようですが、再びその良さが見直されるようになりました。途中の過程で、さまざまなパターンが生まれ、その一つ一つに名前がつけられていきました。

飽食の時代だからこそ続いて欲しい一品ですよね。

キルトファンで開催される、さまざまなパッチワーク・キルトのイベントが毎年全国各地で数回行われていています。

このパッチワーク・キルトから副収入を得ようとする人も当然いますから、ヤフオクにも数百件の作品が出品されています。

入札されている商品の多くは、やはり実用的な小物が多いですね。タペストリーなどの大物は、オークションよりも各地で行われている展示即売会、またはアンティーク専門店に委託する方がいいでしょう。

さまざまな業を取得することで講師としての道も開かれるでしょう。

競争の激しいヤフオクよりは、そちらの方での副収入を考えた方がいいのでは?と言う気がしますが。

ヤフオクを活用するなら、完成品よりも布の交換で取引した方がたぶん副収入になります。

なぜなら、パッチワーク・キルトファンがよく陥る失敗として、不要な布までつい買いだめしてしまったと言うことがあるからです。

誰か欲しい人に売って、そのお金で、またお気に入りの布が見つかったら購入資金にするなど、ヤフオクをうまく活用しながら、キルトライフをエンジョイするのもいいのではないでしょうか。

趣味と実益(副収入)を兼ねた世界ですから、好きな人でなければ難しい手段です。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月16日|

カテゴリー:スキル資格副収入