ちりめん細工で副収入:副収入・稼ぐ方法辞典

スポンサードリンク

ちりめん細工で副収入

最近大手のデパートで、ちりめん細工の店頭販売を見かけるようになりました。マスコット人形、がま口、箸置き、草履スリッパ、匂い袋小物入れ、お手玉、日本人形などなど色鮮やかな和布でできた小物の数々に心が躍ります。

価格もなかなかいい値段してます。これからでしたら、やはり雛人形や正月飾りが目玉となるところですね。

ちりめん細工の魅力は、言うまでもなく和布の持つ暖かみですよね。そして手作り品ならなおさら、作った人の思いも反映されているので、心も癒されるし。あらためて、"自分はやはり日本人だな~"と感じる一瞬ではないでしょうか。

特に高齢者の方が、しみじみと手に取っている姿が印象深く映ります。幼かった時を思い出しているのでしょうか。

このような一品物とも言うべきものは、ネットや通販などでは、売れてしまう商品となることがおおく、スキルがあれば、副収入になる可能性を秘めています。
ちりめん細工は、着れなくなった晴れ着をほぐして、それを基に作られるのが一般的ですが、けっして物を無駄にしない、まさに古き良き時代の象徴といえるのではないでしょうか。

そして、今はほとんど見られなくなりましたが、まだ物があまりなかった時代に、母親が木綿でできた古着の切れ端で作ってくれたお手玉は、見かけは粗末でも何にも代え難い宝物ですよね。

指先を動かす事はぼけ予防にもなります。ちりめん細工はなかなか頑丈で、滅多なことでは破れません。

筆者は、大姑のお手製のがま口をもうかれこれ10年ちょっと使ってますが、未だにほつれもありません。

ちりめん細工は、時代を超えて多くの人に愛される、数少ない手工芸品の一つでもあります。

これをもし副収入としてヤフオクでの活用を考えるなら、季節がらを考えた小物などはどうでしょう?

実際、ヤフオクをのぞいてみると、正月飾りや縁起物にけっこう入札が集中していました。

そのほか、マスコット人形も出品されてますが、和布ならではのオリジナル商品を考えるなら、雛祭りや飾り羽子板など、日本古来の物の方が喜ばれそうです。

さらにスーパーでの店頭販売で売られている物をもうちょっと安い金額で出品するなどの工夫をすれば、欲しい人は居るのではないでしょうか。

もちろん、副収入だけを考えて作る物ではけっしてありませんが、欲しいと望む人がいるなら、できるだけそういったマニアな人々のニーズに応えて行くことで、日本古来の伝統を伝えていくきっかけにもなるでしょう。

それが副収入になっていくなら、それはそれで大変結構なことではないでしょうか。

おもちゃなどは、遊び方によってはすぐほつれてきてしまうデメリットもあるかもしれません。

そうしたらまた新しく作り足して送ってあげる、こうやってリピートを増やしていくことで、副収入の増幅と日本文化の伝達という一石二鳥の効果を生むことができるのが、ちりめん細工のもう一つ魅力ともいえますね。

スポンサードリンク

タグ

2009年2月21日|

カテゴリー:スキル資格副収入